恋愛テクニック

キャバ嬢@気を引く方法

気を引く

誰だって好意をもっている女の気を引きたい

子どもだって好きな子の気を引こうってふざけたりする

普通の男がキャバ嬢の気を引く方法を考えてみました

 

気を引くために嘘をつく

政治家なんか嘘ばったかりだ

役人も嘘だらけだ

キャバ嬢も嘘つきだ!

会社の上司も嘘をつきやがった

 

だから俺も気を引くために嘘をつく

でも嘘をつくことは正しいことではありませんので

今回はクソみたいなのと同じなのもしゃくにさわるので嘘ではない

 

 

キャバ嬢を勘違いさせて気を引く方法を紹介したいと思います

 

これ僕がいつもやってる方法でみるみる効果があるとはいえないけど

なんとなくじわじわとくるかもしれない

 

スーパーマーケットでは使わないけど

キャバクラとか水商売、若い女のいそうなところでは使っています

 

僕はお金持ちでも何でもないんですけど

支払いといえば電子マネーだクレジットだデビットカードだって便利な世の中です

キャバクラでも仮想通貨で支払いOKって来るんでしょうか?

 

あえて現金で払っています

こういうお店では

財布にですね100万円ほど入れておきます。お金を掻き集めておいて

 

キャバクラで会話の最中にそれを見せびらかしてもバカみたいなんですけど

支払いの時の長財布からあえてさりげなく見せて支払うわけです

経験上財布に100万円いれて支払っている人ってほとんど見たことありません

 

この効果は人間ってなんとなく人の財布って気になるでしょ

そんでもって100万円ほどの束が見えたら

 

心理としたらなんとなく金持ちかなって勘違いしそうですよね

100万円って別に社会人だったらみんな持っているから別にどうってことないんですけど

いまだったら軽自動車も買えないN-BOXいいのなら200万円

 

だけど財布に100万円ってこのご時世なかなかいない

お金好きなキャバ嬢の気を引くこと70%じゃないですか

 

キャバ嬢に限らず人ってそういう人をみつけたらなんとなく

なんとなくですよ見る目が変わるんですよねその人の事

 

経験でいうとちょっとだけサービスがよくなる

 

昔、城南電機の社長が商売で叩き買いするため3,000万円ほど毎日持ち歩いて

強盗に襲われたってあったけどもしやるならそういうリスクはありますよ

あいつの財布に100万円入っているみたいな

 

城南電機の宮路利雄社長はマスコミで取り上げられてるときはもうおじいさんだったけど

わかりやすいキャラクタ―とその商売手法でテレビによくでていたような

 

この宮路利雄社長のようなちょっと気を引くキャラクターを自分で作り上げるのも

キャバ嬢から気を引く方法の参考になるのではと思いました

 

なんかぱっとしない感じの客が支払いでボッテガの長財布から100万円チラ見させて支払いとなるとギャップと合わさってキャバ嬢の気を引く指数88%になるのではないでしょうか

-恋愛テクニック

          

関連記事

泣き落とし

キャバ嬢に泣き落とし@おじさん向けかな

泣き落としって若者にはできない芸当と思うんですよね 泣き落としってダサいし恥ずかしいってみんな思いますよね だから若いキャバ嬢をなかなか落とせないおじさん世代に送るテクニック   かっこつけ …

キャバ嬢を叱る

キャバ嬢を叱って@泣かせたら

最近どうも叱られることが減ったようで これも時代の流れなのですが叱られ慣れていないと思いもない行動をとる若者も 誰でも叱られたくはないんですけどここはひとつ逆説で攻めようか   キャバ嬢のチ …

ハイになる

キャバ嬢の脳がハイになる時がチャンスか

人間何かのきっかけでテンションがあがったり いわゆるハイになることってありますよね   僕はマラソンを趣味にしないけどランナーズハイってよく聞く 苦しい時期を過ぎると爽快感や恍惚感が味わえる …

キャバ嬢の本音

キャバ嬢の本音を見切るには建前やライン、酒に酔う

本音と建前 その人の考え方や地域によっても建前の色が強いところってあります 京都なんかは有名で本音と建前がはっきり分けてる   男と女も本音と建前があって 男より女の方が本音を隠すイメージ強 …

好きにさせるメール

キャバ嬢を好きにさせるメール@態度、返信しない

メールとかLINEってひと昔前にはなかった その頃はあっても携帯電話とかFAXだったので女を口説く、落とすといったら 大体会ってとか電話でしたよね   青春真っただ中のぼ~やなんかはラブレタ …

カテゴリー

彼氏持ちを落とす

人を笑わせる会話

復縁術